コスモインフォメーションズ vol.95

コスモインフォメーションッズ‼️

タイから届くスパイシーな風、コスモタイ魂2018🇹🇭
実行委員長補佐(自称)の、どうも『まめ』です。

最終日の今日はガパオライスです。
最近はカフェなどでも見かけることが多いご飯物のエスニックメニューですね。
本場タイの方はお店で迷ったらとりあえずガパオライスにするというくらい定番なお料理らしいのですが、ワタクシ恥ずかしながら名前しか知りませんでした。
調べてみると、そもそもガパオというのが香草ホーリーバジルのことらしく、これを豚や鶏と炒めたものをご飯と合わせて、揚げ焼きした目玉焼きと食べるのがガパオライスというもののようです。

さて、そのホーリーバジルですが、日本でも馴染みの深いスウィートバジルにも似てるのですが、より香りが強いことと、茎や葉脈が硬くしっかりしているのが違いでしょうか。
スウィートバジルがサラダなどで生食するのに対してホーリーバジルは葉っぱの柔らかい部分を加熱して使うのが基本のようです。

『まめ』’ズ・キッチンでは豚挽肉を 、
“旨味”のタマネギ・シメジ・マイタケ、
”食感”のタケノコ、
“彩り”のピーマンと一緒に唐辛子で炒め、ナンプラーとオイスターソース・砂糖で味付けして仕上げに、
“香り”のホーリーバジルをどっさり入れて仕上げました。
つけあわせにキュウリのピクルス、手作りスウィートチリソース風味を添えてお出しするのを忘れずに(^_-)

タイ週間、最後の締めは日本人にも一番馴染みのあるガパオライスを持ってきたところ、さすが実行委員長❗️🎉といった感じですね。
きっと各現場、それぞれのお客様に喜んで頂けると思います(^-^)
次はどんなイベントが待っているでしょうか?ワクワクします。

今回のイベントで新しい分野、新しい食材と色んな勉強もでき、学ぶ楽しさ、作る楽しさを実感した、
(実はナンプラーの香りが苦手な((小声)))( ゚д゚)
、、、『まめ』でしたm(_ _)m