ホテル日航大阪様
interview

出来たての食事が
食べられる喜び

インタビュー
管理部 総務グループ
グループ長  山下 大文 様
元は自社で食堂を営業していましたが、経費効率を考えるようになり、外部の業者を導入することになりました。長年やっているとマンネリ化する傾向もあり、新しい発想が生まれない。そういった点からも、給食専門に入ってもらおうとなったようです。
外部の給食専門業者さんにお願いするうえでコストも重要ですが、フード・サービスコスモ(以下:コスモ)さんを選んだ最大の理由は何と言っても、お料理のおいしさでした。
おいしい食事を食べることもホテル従業員には大切なことですからね。
コスモさんの場合は、工場一括調理などではなく、全て厨房での手づくり!オーダーを聞いてからその場で作って出してもらえる。社員食堂で手づくりの出来たての料理が食べられるなんて最高です。
料理人の腕の良さは食べてすぐに分かりましたよ。
おいしさは、これまでの自社営業の社員食堂とは比較になりませんでした。
プロが入るとこんなに変わるものかと驚きもしました(笑)。プロに任せた方が絶対に良いと確信しましたし、今はお任せして本当に良かったと思っています。

おもてなしの心が伝わる
スタッフの対応

熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに出すというのはホテルのモットーでもありますが、それをコスモさんが実現できていることに本当に驚きました。食べる側への愛情というか、思いやりが伝わるんです。これは、ホテルが提供するおもてなしの心と一緒です。ご飯も快く大盛りにしてくれますし(笑)。ホテルには若い従業員も多く体力仕事でもあるので、大盛りは本当にありがたいことです。
また低価格でありながら、多彩なメニューを考案してもらえるのもうれしいですね。一般企業にお勤めの方ならお昼は外に出てレストランやコンビニにも行けますが、ホテルの従業員はユニフォームを着ているので外出しにくいというのがあります。でもこの食堂ではチーフが毎日食べても飽きないような、多種多彩なメニューを考えてくれているので外食をするよりずっと良いと思いますよ。
時にはB級グルメフェアなどいろんな企画モノもあって。私たちの食事への楽しみも増えていくので、こういうフェアなどの企画はどんどんやってほしいですね 

プロも認める本格料理

ご存知の通り食堂には、ホテルで働く舌の肥えたプロの調理人も食べに来ますから、そういう点ではコスモさんもなかなか大変だろうなと思います(笑)。でも調理人たちも食堂へ来て食べているので、味の品質は高いということじゃないでしょうか。
私も長年、営業で外を回っていましたが、コスモさんが食堂に入ってからは、お昼はほぼ毎日食べに戻っていました(笑)。安いし、早いし、おいしいし!どこかお店に入って食べるより、全てにおいて間違いがないですからね。 コストがあるので無茶は言えませんが、だいぶと努力していただいていると思います。私たちもそうですが、限られたコストで原価を守りながらおいしいものを提供するというのは非常に難しいことです。コスモさんはそれを工夫してやってくださっている。
日替わりで3種類の定食メニューが出るのですが、バランスが良いんです。社員のことを考えるとやはり健康面も大切です。幅広い世代の社員が働いているためカロリーを気にする人も多いのですが、コスモさんはカロリー表示もきちっと出してくださっています。カロリー表示を見てメニューを決める社員も多いですよ。
もちろん、衛生面においても申し分ありません。ホテルとしても衛生管理は徹底しており、定期的な検査を厳しく実施しています。ホテルと同じ項目でコスモさんも検査していますが、評価は常に上位に入っています。厨房もいつも清潔ですし、そういった面でも安心できますよね。

プロ同士の良い緊張感が
互いのスキルを上げている

コスモさんの先代の想いは「ご飯は存分に食べさせてほしい」ということだったそうですが、その想いは現社長にも受け継がれているようです。オーダーを聞いてから一人ひとりのために料理を作ってくださる対応力、手際の良さなど学ぶこともいろいろあります。これは他の食堂では、きっと出来ないことだと思います。料理を提供するプロ同士、良い緊張感を保ちながら互いのスキルがさらに上がることを今後も期待しています。 コロナ禍でホテル従業員の出勤者数が減った時期もあり、コスモさんの売り上げにも大きく影響していたと思います。
それでも「大丈夫ですよ」と言ってくださり、最大限の努力をしていただきました。本当に、ありがたかったですね。
従業員がここに来て食事をすることは、次の仕事への活力を補うだけでなく、
心がホッときる空間であり大切な時間になっています。
その大切な時間を守るためにも、これからも変わることなく手作りのおいしい食事をよろしくお願いします。